女性用流鏑馬装束制作しました

またっ、してもっ、更新の間が空いてしまいました!生きてます、もりもり元気です!

さてさて、流鏑馬用の衣装を一式ご注文いただき、先日無事にオーダー主様のもとにお届けしました。

流鏑馬装束製作販売
全体の着用イメージです

直垂は黒で、裏地にはこだわりの色だとおっしゃる青を使いました。

直垂上着
ちらっと見える青
直垂制作
直垂販売
馬乗り袴を加えるとこんな感じです
袴にポケット付き
袴には内ポケット
会場内で散歩するときにスマホや小銭が入るように♫

直垂の袖口の紐(袖括りの緒)は「男結び(おむすび)」という、独特の結び方があるのを2年前に通った装束講座で学びました!機能としては普通に玉結びでも問題ないので、解けてもご安心ください。

綾藺笠にも同じ黒の生地を使いました

綾藺笠製作販売

これもちらりと見える裏部分に青が入っています。色々と相談の上、金の柄が入った金襴生地を使いました。


射籠手はメリハリを付けるために、今回は柄の大きい帯生地を利用しました。縁取りも青です。帯は柄が面白いので、いろいろな衣装制作にもおすすめです。

行縢は帯の部分が色味の選択が出来るので、これも相談して黒にしました。

行縢制作販売

蝦夷鹿の夏毛です。蝦夷鹿は大きいので、かなり背の高い方にも合うサイズで作れるのがいいですね。

制作する部長も楽しみつつも、実は毎回毎回製作中は緊張しっぱなしで、未だに針で指をついたり、縫う場所を間違えてやり直したりしております。しかしそんな中でも完成させたときの喜びはあります。着てもらえたときのことを考えながら、チクチクと縫っております。

フルオーダーですので、お好みの色やサイズ、あるいは形などご希望をいただければ可能な範囲で製作いたします。お問い合わせはしげ部までお気軽に!
https://shigebu.minibird.jp/yabusame.html

ツイッターフェイスブックはもうちょっと頻繁に何かしらつぶやいていますので、よければ~。
フェイスブックは全国の武将関連情報や歴史ニュースなどしげ部以外の情報も載せてます。
ツイッターはしげ部のことや部長のことがメインです。
同じものを発信してもつまらないなと思い、なんとなく使い分けしています。