甲冑教室準備中

さてさて、告知しておりました宮城県瑞巌寺での甲冑教室が1月20日から6回に渡りスタートいたします。

甲冑作りは、紐を通す作業がメインになっていきます。

その紐も本日到着!

政宗の濃紺です。政宗が活躍していた時期には、濃紺の紐も「黒」に振り分けていました。
黒い紐の代用です。
黒い紐がないわけではないのですが、黒く染める際に鉄を使用するため、劣化が早く
実用的ではなかったと言われています。

 

そして紐を通していく練習用の草摺もどきパーツも作りました。

 

これを使かって、まずは紐の通し方をマスターしてもらいます。
紐を通す作業を「威・おどし」と呼びます。
緒(お)を穴に通す、おをとおす、おどす。です。

緒とは、ざっくり紐のことです。下駄の鼻緒とか、兜の緒を締めよ、とか言いますよね。最も今ではそれすらも言わないですが・・・

 

言葉にも歴史あり!
古い言い方も未来につなげていきたいじゃないですか!

 

甲冑を作るというのはきっかけです。
かつて日本という国がたしかに通過してきた数々の自称を少し手も愛でていただければこれ幸いです。

瑞巌寺での甲冑教室は、途中参加も可能になりました。
本日も1名参加が決まりました。
案内には締切が表記されていますが、お申し込み下さい。
お申込み、お問合せは瑞巌寺まで
瑞巌寺甲冑作りhttp://www.zuiganji.or.jp/event/1711_katthu/index.html

 

 

 

 

 

 

Follow me!