装束の着付けを勉強中!

憧れの平安装束の着付けを習いに早稲田の講座に通うことになりました~~~!

とはいえ、月に1度のコースなので、基本のみではありますが、基本が大事です。

自分で着ることはあれど、人に作法に従って着付ける、ということは初体験です。

まずは基本の結び方を教わりました。
衣紋結び(えもんむすび)と呼ぶ、ちょうちょ結びです。

結び方はビデオでもわかるのですが、問題は所作です。
いくつかポイントが有り、所作が美しいと着崩れしないというのです。

なるほど、しかし部長、教室でチャレンジするも何かが違う。
あまりにも間違えるので、先生が付ききりで教えてくれました。役得です。

間違えたおかげで、なんとか出来るようになりました。バンザイ!

で、忘れないよう、家でもチャレンジ。
リアルじんたいぼでぃがないので、椅子先生に結んでみました。
衣紋結び

紐だの帯だのは幸いわんさかあります。

そして指貫袴(さしぬきばかま)も着付けます。
これも制作はすれども他人に正しく着付けたのは初めてで、
履かせる時はゆらゆら揺らしながら上げたり、手のひらは布に付けないようにしたり、いろんなポイントが有りました。

そして単も着付けます。
単の持ち方、小指に絡ませるんですが、もう知らなかったことだらけです。
装束の基本として、あまりを折り込むのは知ってたものの、やはり、知らなかったのが所作です。
すっと、一度にいっきに折る、というのがこれまたむつかしく、今回だけではマスターしきれませんでした。

だがしかし!
家にはマイ装束が!
一家に一着、装束の時代ですよ、皆さん!気軽に装束を!
写真は、2年前に徳島の平安のお宿に行った時の写真。
マイ装束持ち込みで撮影してました。

これでもうちょっと自習します。

そして、そこに泊まった時に狩衣を着付けてもらった時の写真を見ると・・・
狩衣着付け

狩衣着付け

おお!
わかる!
わかるよ!

今までは何をされている写真なのかわからなかったけど、今ならわかるんです!
いや、まだ狩衣は習ってないです。
が、ポイントは同じです。

平安装束の着付け
部長はこの時男衣装です。
十二単は一緒に泊まった友人。
十二単を脱いだ時に着物を持たせてもらったけど重たい・・・!

で、講座の話しに戻りますが、基本の着付けの所作が美しければ着崩れしないし、着ているものも重たくならないというのです。

十二単も講座の中で着付けるので、今から楽しみでなりません。

 

ところで、この、着付け方によって重たくならない、というのは甲冑も同じです。

重さを分散させる着方をすること。
そうすると、多少の重みであってもかなり楽に着ていられるのです。
ただし、サイズが合っていないと、重みを分散させる着方が難しいので、しげ部の考えとしては、まずは自分にあったサイズの甲冑を着る!ですかね。

過去に何度か申しましたが、
甲冑は着るものです。
江戸初期の甲冑を着せてもらったことがありますが、着て動きやすいのです。サイズも大体あっていたのも幸いでした。
甲冑を買う時、作る時には、是非サイズを大事にして下さい。

装束も、ほぼサイズは決まっているようですが、自分にあったサイズがベストです。

しげ部の装束制作は、見た目が装束、素材と製法は我流です。
歴史に沿ったものは作れませんが、逆に言えば自由に作るので背の高い人や痩せた人、好みの色など、それぞれのサイズや着る目的に合わせて仕上げています。

そんな仕立てをご希望の方は、ご相談くださいね~!
https://shigebu-minibirdjp.ssl-netowl.jp/kacchu-isyo.html

楽しいのよ。
古今東西の衣装って!

天平風衣装製作

Follow me!