部長、NYで観察ス

忘れないうちに、書きます。
いこともいっぱいあるし、そうでないこともいっぱいある。
それが日常だ。

 

さて。

NYでの1ヶ月間の生活は、借りたアパートは50st8Avで、いわゆるミッドタウンという地域。数分歩けばブロードウエイで、写真や映像でよく見るあの動く看板(すごい古い言い方がナチュラルに出てくる自分に絶望した!)

 

夜はネオンがよく映える

※写真を使いたい方は”しげ部”までご連絡を。有料で貸し出します。

 

巨大な液晶画面に映し出される広告群は夜になると一層ド派手に映え、やっぱり名物だなあと思う。

で、このブロードウエイ、碁盤の目のNYの街中で唯一斜めに突っ切る道路なので、
行く方向によってはちょっとだけ近道になる。

部長の場合は通う学校が39st6Avにあったので、ブロードウエイを斜めに突っ切って片道20分ちょい、毎日歩いて通っていた。

路上にはちょっと安っぽいコスプレをした人が10数人常にいる。

腹を隠す気もない

なにかと思ったが、どうやら観光客相手に一緒に写真を撮りチップを貰う集団のようだ。
握手を求められてうっかり手を出すと、結構強引に引っ張られるので要注意。

旅の思い出として、心地よくチップを出すことに慣れている人にとっては、問題ないのだろう。

チップ・・・普通に日本で暮らす身としては、実に戸惑う習慣。

 

***

 

NYには匂いがある。
どの街にもなんとなく匂いがある。

 

NYの匂い、いや、臭いというのはホコリとゴミと時折おしっこの臭い。
たまらなく臭いわけではない。
ただ、時折、プン、と臭う。

地下鉄はさらにそれらの臭いの密度が濃くなる。

ホコリくさいのは、多分街中のあちこちで工事が多いせいだと思う。
とにかく工事が多い。

緑のベニヤ板で通路を囲う

建物を壊して新たにしている所、
基礎はそのまま使ってビルのリフォームをしている所、

路上も工事のバリアが張ってあり、車の通行を妨げる。

工事現場で聞こえる言語はスペイン語が多い気がする。

 

 

ゴミは路上に夜の内に山積みにされ、翌日の収集を待っている。そういうルールなのだろうから、みな従っているに過ぎない。

ゴミはある曜日、収集車が来るまで路上に山積み

 

ゴミ箱の上のゴミ。これはそういうルールではなさそうだが・・・。

 

オブジェのような吸い殻

 

路上を掃除する職業もあるようで、彼らは真面目に掃除をしている。
おかげで、街は、通常を保っている。

 

路上喫煙者も多い。

てっきりNYは店内や路上喫煙禁止かと思っていたが、そんなことなかった。

日が暮れた街中を、タバコを吸っている女性が前を歩いていた。
数秒に1度、規則正しく煙が顔付近から漏れるから、タバコを吸っているのだろうけど、その煙の量が半端なく多い。
機関車トーマスが女性に化けているんじゃないかと思うほど。

なぞであった。

 

 

タバコやさん

 

NYにはスターバックスが多すぎる。
石を投げればスターバックス。
犬も歩けばスターバックス。
マンハッタン島の1%はスターバックスで占領されているのかと疑うほど。

スターバックス以外にもテイクアウトのカフェが多く、通勤のニューヨーカー(?)たちは、かなりな率で片手にテイクアウトのコヒーを持って歩いている。突っ込みたくなるほどに。

カフェの前はコーヒーのいい香りがする。

 

そんな色々な匂いが入り交じるNY。
ああ、NYだなあと思う。
嫌いでなないのだ。けして。

 

***

 

街中には沢山のATMがある。
銀行内のATMは当然だが、グローサリーや、バー、ドラックストアの店内にもよく見かけ、路上に点在していたりもする。

だた、NYの路上に点在するATMは、果たしてお金が出てくるのだろうか?
落書きだらけだし怖くて使う気になれない。

グローサリー店内の左端にATM

 

40代以上ならおわかりかと思うが、これはかつての公衆電話の設置率と似ている。
路上に電話ボックス、喫茶店内にピンクの公衆電話、みたいな。

ちなみにNYにも公衆電話は割りとあるけど、使っている人は見なかったなあ。

みんな携帯持っているからなあ。

公衆電話

***

 

 

まずはここまで!

NYでも甲冑を着る部長

ニューヨークで甲冑を着たい!という方はしげ部まで。
甲冑キット、海外へも発送しています。
http://madearmor.wpblog.jp/page-30