甲冑の型紙作りの話

甲冑キットには実物大の型紙がセットになっています。

ではこの型紙、どうやって作っているのか。
甲冑の写真や実物を見て、パーツの形を想像して、紙でおおざっぱに切り、形と穴の位置を何度も何度も調整して作ります。

簡単な作業ではありません。

 

バストウエスト、ともに大きいサイズも必要だろうと、以前からちまちま作っていた甲冑があるんですが、作っている自分はどっちかというと普通~痩せている(いや、腹の肉とか尻の肉はあるけれどw)ゆえ、合うのかどうなのか実はよくわからないのです。

 

幸い、甲冑教室などでいろいろな体型の方を見てきましたし、甲冑作りの基本設計は出来上がっているので、ある程度の計算は可能です。
そして大きくは間違っていないのですが。

大きいサイズと一口で言ってもまさに100人100様。

先日、陣羽織を作りたいと相談にいらしたお客様が、ちょうど作りかけの甲冑に合いそうで、図々しくもお願いをして、体に当ててもらった所、若干の補正が必要だとわかったのです。

 

そのままでも大きく問題はないけれど、気になるものは気になるのです。

 

で、本日ビックサイズ甲冑の型紙を補正してます。

紙を切って、穴の位置を調節して、カーブを決めて・・・。

 

地道な作業です。

 

そもそも、甲冑キットを作ったきっかけが、自分のサイズに合った甲冑が作りたかったから。ゆえに、サイズがない甲冑を埋めるためにも、LLLサイズは必要じゃなかろうかと、考えるのです。

 

例えば背が低いけど、お腹周りはビックだぜ~☆、という方でも着られる甲冑とか、
色々対応してますので、まずは相談を。

自分で作る甲冑キットの販売、相談はこちらですぞ!
http://shigebu.minibird.jp/