小学生、甲冑を作る!

小学生が甲冑を作りたいと、しげ部にやってくることがあります。

甲冑の大きさは、5歳位から各種サイズの用意があります。
こどもでも着用できる甲冑が作れます。

ではでは、果たして小学生が甲冑を作れるのか、という疑問がありますよね。

一人では厳しい!
大人の手助けは必須!

なのですが、

 

色々と子供の作る場面を見ていると、案外やれるのかな?と最近は思っています。

 

ちなみに「小学生」と一括りにしてしまうと、6歳から12歳まで、能力の差は歴然です。
4年生以上と考えて下さい。

 

子供だけでは厳しいと思うのは、まず、素材をカッターで切る事。
素材は2ミリの厚さのプラスチックで、カッターで切れるんですが、ちょっと力がいるんです。定規をきちんと当てないと切り口が斜めになったり、カーブをきれいに切るのも難しそうです。
でもやれないことはない。

 

子供がカッター使っているのは、見ている方が力がはいるんですよね。
いっそ自分が切ってあげたい衝動にかられるんですが、堪えます。
怪我するんじゃないかと心配になるんですが、指を切らない方法を教えてあげて、作業中も切りそうになったら注意する。
出来る限り、自分で道具を使って作って欲しいんですよね。

怪我をしながら、道具の扱いを覚えていく。
それでいいと思うんですが、まあ、推奨はできないので、少なくとも、レッスン中は怪我は回避させています。
そして穴あけ作業。
ベルトの穴あけ器で一つづつ穴を開けていきます。
これもちょいと力がいるので、大人の方に手伝ってもらいつつ、自分でも頑張って欲しい所。
終わったら、紐を通す作業です。


甲冑制作の専門語では「糸威」、ですね。

紐は通す順番を間違えなければ、形にはなります。
紐を通す、と言ってもただ、通せばいいというわけでもないのが、甲冑です。
いかにきれいに仕上げるかには、いくつもポイントが有り、
間違えた時にやり直すか、そのまま突っ走るかで仕上がりはかなり変わってきます。

まあ、なんでもそうですが。

 

 

と、いうわけで、小学生でも甲冑は作れます。
仕上がりはその子の考え次第です。
うん、これって、大人も全く一緒だって、途中から気がついたよね。

 

「甲冑作りって何が一番難しいの?」

と、質問がありますが、答えはただ一つ

「やる気が続くことだよ」

 

やる気満々、ありましたら、老若男女、ぜひしげ部の甲冑キットにチャレンジしてみてくださいね!

しげ部ホームページhttp://madearmor.wpblog.jp/

 

しげ部(川崎市)でも随時甲冑教室もやってます。
参加希望の方は詳細を読んでお問合せくださいね~!
http://madearmor.wpblog.jp/page-54