胴丸制作チャレンジ中

ちょっと仕事にすき間が出来たので、いつか作ってみようと思っていた「毛引縅」の「胴丸」、まずは型紙制作にチャレンジ!

毛引縅(けびきおどし)というのは、アレです。
甲冑が全部紐だらけのやつです。

胴丸

ウィキペディアより。江戸時代に作られた復古調の甲冑。

 

部長のキットはなるべく手間を掛けずに、しかしそれなりに形になる桶側胴や雪の下胴ですが、一度は作ってみたい、写真のような甲冑です。
胴丸、というのは、展開すると1枚になっているものです。簀巻きにくるんと丸まった状態ですね。

とはいえ、それだと自分サイズに合わせづらい。前が合っても背中がずれたりする可能性がありますから。
なので、2枚胴になる予定です。

 

いや~、そんなすぐに作れないのはわかっちゃいるんですがね。

型紙製作中は、コピー用紙とセロテープが瞬時に消えます。

甲冑型紙

 

まだましな現場。
やがて紙切れの上に暮らすようになります。

いや、掃除もしますが。

 

販売も当然視野にいれているので、型紙は命。