頭がお休みな1週間

4月4日の信玄公祭りも終わり、やまなしでの甲冑教室も今季は終了しました。
また、新商品となる毛引縅の袖の作り方も完成させて、やっとこさネットに載せました。

 

おや?そういえば紹介してないですね。
今は頭がぼけているので、詳しくはホームページをご覧ください(ひどい)。

次の仕事の打ち合わせも終わり、締切まで少し時間があるので色々と安堵し。

 

で、しばらく気が抜けてボエ~っと過ごしておりました。
仙台行ったり、都内うろついたり、無意味に電車に乗ったり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、人なんてほとんどいないここはどこでしょう?対岸には飛行機。

猛烈に甘いモノが食べたくてヒロタのシュークリーム4つ一気食いしたり。
いや、ちっちゃいやつだからだべられますって。

 

漫画色々買い込んで一気に読んだらわけわからなくなったり。
ONE PIECE
銀魂
進撃の巨人
信長協奏曲

どれもこれも濃すぎた・・・。

昼間に仁の再放送やっててこればまた面白くて。
涙で前が見えないよ・・・。キイチが可愛くて可愛くて。
これ見てペニシリン作ってみた人居るんだろうなあ。

タイムスリップしたら部長はポンチ絵描きとして食っていく所存です。

 

ところで、もし政宗がタイムスリップしたとして、どの時代まで気が付かないか友達としゃべっていたのですが、政宗が行ったことのない土地の漁村や農村なら昭和のはじめくらいまでなら未来に飛んだと気が付かないのではなかろうか。

例えば20歳の政宗がタイムスリップして幕末京都ヘ行ったら気がつくだろうか。
都とはこんなもんかと思うだろうか。

逆に土方歳三が仙台藩へ赴いた時、タイムスリップして政宗のいる過去に飛んだら、気がつくだろうか。仙台は未だに古臭い甲冑をまとっていると思うだけだろうか。
政宗にしてみれば、ヨーロッパの人間も見ているのでズボンスタイルにそう疑問はわかない気がするし。
政宗VS土方
更にさかのぼって義経が追われた平泉だったら気がつくだろうか。奥州藤原の都に幕末の人間はどういう違和感を覚えるのだろう。

政宗が名護屋に陣をはる途中で迷子になって卑弥呼の時代へ飛んだらさすがにおかしいと思うか、九州の僻地ならこういう集団がいても変とは思わないのか。

 

以前、こう言った人がいた。

「縄文人がタイムスリップしても昭和20年位までなら農耕は出来るだろうが、現代に来てしまったら無理だ」

 

明治から機械化が進んだとはいえ、すべての国民には浸透していなかった。

戦前戦後当たりも農村部の民具は100年、200年前と何ら変わらなかったはずだ。

 

などと思いながら、ちょっと早いゴールデンウイークを過ごしておりました。

 

うん、ボケる時間て必要だよね!(と、言い訳がましいことを言ってみる)

というわけで、頭がようやく働きモードにスイッチが入ったので、今週からは人形制作です。うむ!すごい楽しみな仕事なのですよ・・・。