江戸図屏風の正確さは?

前回書いたブログで、江戸図屏風に描かれた建物の信ぴょう性はいかほどかわからないと申しましたが、その疑問がひとつ解けました。

つい先日、増上寺で秀忠の御霊屋の模型を見てきました。
http://www.zojoji.or.jp/treasure/exhibition.html

この模型は正確だと思います。

 

で、江戸図屏風の増上寺を見たらありました、秀忠の御霊屋が!
これです。
https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/gallery/webgallery/edozu/layer4/l526.jpg

 

ほぼ同じです!

 

ってことはやはり政宗の亡くなった江戸の上屋敷はこの図で大まかあっているんだと思います。
P4240709
しかし忠宗が政宗の死後増築、あるいは改築した可能性もあるので、若干様子は違うかもですが。

大まかこういう感じっぽいです。
政宗の上屋敷概念図

位置関係はかなりテキトーです。
能舞台は右下辺りかもです。長屋はちょっとわかりませんが、どこかにあった気もするし。馬屋と長屋はセットかも。

屏風絵の雲で隠れている部分が、「奥」、私的スペースです。
見せてはくれません。

 

屏風をよく見たい方はこちらを!
https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/gallery/webgallery/edozu/layer4/pl325.html
門には九曜紋が。
そしてどの屋敷も門の前には柵があります。

上屋敷の間取り図を作りたいとずっと思っていますが、これでかなり野望に近づけた、・・・ような気がします。