鎧直垂製作

お客様よりいろいろなオーダーを頂くしげ部です。

今回は、結婚式の時の打ち掛けをリフォームして甲冑の下に着る鎧直垂を作って欲しいとのご依頼です。

初めは普通の直垂にならないかとご相談いただいたのですが、打ち掛けでは布が足りないのです。

それで、甲冑を着るためのよろいひたたれに、ということで話は決まり、早速送られてきた打ち掛けをリフォーム開始!

打ち掛けリフォーム

25年前の品ということでしたが、保存状態もよく、新品のようです。
サイズを測ってギリギリリフォーム可能。
ハサミを最初に入れる時はどうしたって緊張します。

替えの布がないのです。

殆どの場合も1点ものの布なので、替えはないのですが、別の意味で替えが利かないお品物です。

 

しかし眺めていても始まらない。

腹を据えて一気に切ります。

打ち掛けと言うのもはとても重たいのです。
裾には大量の綿が入っており、お布団のようです。

打ち掛けの綿

写真は打ち掛けから抜き取った綿。花嫁姿も体力がいりますね。

チクチクと縫い、完成です。
文章にすると早いですね。

水曜どうでしょうのサイコロの旅を思い出します。
「テレビ見てるみなさんはバスの中2秒位ですけど、そうじゃないんだよ、我々は12時間、バスの中にいるんだよ。本番はバスの中なんだよ」

名言ですね(涙)

 

 

と、いうわけで、完成です!

着物1

襟を修正。袖は振り袖部分をリフォーム。

赤い裏地は打ち掛けのものを利用。

 

直垂.1jpg

袴は裁付袴。

裁付袴着用

履いて膝を曲げると折りの部分が膨らみます。

 

鎧直垂着用時

着るとこんな感じ。この上に甲冑を着用します。
袖も籠手を付けるため、着物のたもとはなく、今のシャツのような形状です。

 

オーダー主様もとても喜んでいただき、制作した部長も嬉しいです!

 

 

思い出の品、眠らせておくだけではもったいない。
今、欲しいものに変身させてみてはいかがでしょうか。

着物や帯などリフォームで、袴や陣羽織などの製作はいかがですか。

 

お問い合せは自作甲冑クラブしげ部まで
http://shigebu.minibird.jp/