東京都 洋館散策

部長は家が好きです。

ほったて小屋からベルサイユ宮殿まで、とにかく人の暮らす建物が好きです。

今回はほったて小屋ではなく、都内に残る洋館の紹介。
中に入ればネを覆うばかりのキラキラ‥・・ではございません。一見質素に見えるが建材などはどれも今では手に入らないものが多いとか。

 

赤坂璃宮迎賓館

赤坂璃宮迎賓館

もとは紀州徳川家の江戸中屋敷だった場所
ジョサイア・コンドルの弟子にあたる宮廷建築家片山東熊の設計で1909年(明治42年)建設された。
訪問には年に2回、応募期間があり、当選すると迎え入れてくれます。

 

旧細川公爵邸
写真のUP禁止。

細川家江戸下屋敷跡に昭和11年建築。
月に2回程度公開される。事前申込み。

 

旧岩崎邸庭園
旧岩崎邸庭園

もとは越後高田藩榊原家の中屋敷
岩崎財閥3代の岩崎久弥によってジョサイア・コンドルの設計で建てられ、1896年(明治29年)に竣工
年中公開

 

旧島津公爵邸
島津公爵邸

もとは仙台伊達家下屋敷
ジョサイア・コンドル氏に明治39(1906)年に設計が委属され、その後数度の設計変更を経て、大正4(1915)年に建物は竣工。

年に数回公開日あり。

 

旧前田家本邸
旧前田家本邸

もとは 東京帝国大学農学部
加賀藩主前田家があった場所に帝大を移動するに当たり、土地を交換
1929年(昭和4年)に竣工。設計は東京帝国大学の塚本靖教授に依頼され、宮内省内匠寮の高橋禎太郎が実際の設計を担当。

水曜~日曜公開

 

だいたい大名屋敷があった土地に洋館は建っています。

 

そして。

 

皇居宮殿
皇居宮殿
もと徳川家江戸城三の丸
事前申し込みでほぼ年中見学可能。但し外観のみ。(洋館‥‥なのか?)

 

他にも都内には公開されている洋館まだあります。
むしろ武家屋敷とかが残っていない江戸東京。

神社仏閣は古いの残ってるんだけどね。

しかしながら、こんな部長のようなド庶民がお屋敷に入れるなんて、嬉しい限り。

最後にベルサイユ宮殿

1999年5月。
世界が滅びる2ヶ月前、部長はベルサイユ行ってましたとさ。
ベルサイユ宮殿