旧島津公爵邸

文化財ウイークということで、普段は入れない五反田は清泉女子大学本館の、旧島津公爵邸へと行ってまいりました。

 

旧島津公爵邸1

洋館です。

J.コンドルの設計で、仕上げの調度品などは黒田清輝が指揮したといいます。大正6年、完成しました。

が!

しげ部的に大事なのは、行って気がついた、ここはかつて伊達家の下屋敷であったということです!明治6年に島津家がやってきて、伊達屋敷をそのまま使用していたが、老朽化のために洋館に建て替えたのが現在の建物です。
旧島津公爵邸6

なんだってーーー!

 

入ってすぐに玄関スタンドグラスの島津の十字を見つけて、「これを竹雀のデザインにしてもおかしくないよねえ」と、しゃべっていたのが、本当に伊達家に関連した土地でびっくりでした。

旧島津公爵邸2

島津の十字紋。

ドリフターズ最新刊では土方歳三が島津十字に60ページ位さいて憎悪をむき出しにしておりました。
わからない人はスルーしてください。
ドリフターズ4巻
面白いのでお勧めです。

そんな島津邸。
(どんな島津邸だ)

旧島津公爵邸3

旧島津公爵邸4

旧島津公爵邸5

旧島津公爵邸7

大げさすぎず、かといって手を抜いていない装飾の窓と階段アプローチが部長の好みです。

 

さて。
明治に負け組となった伊達が追い出されて、殿はどこへ行ったかといえば、巣鴨の妙義坂の田中さんちです。

これが間取りです。
伊達慶邦家

6畳間です。伊達慶邦さんの住まいは6畳になってしまいました。事務室は3畳です。

ちなみにこれが政宗の仙台のお住まい。
伊達政宗仙台城

 

ま、政宗も晩年は2畳間であれこれ業務をこなしていたので、嘉邦公の3畳間はむしろ広いです。

いや、どっちにしたって、一般家庭よりはずいぶん広いです。
上の田中さんちだって、部長の住まう面積の何倍あることやら。

土地に歴史あり。

都内に点在する洋館巡り、楽しいです。